忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/42/ の続き

以下は、来場者の質問に対するイリハムさんの回答の抜粋。


Q.東トルキスタンではウイグル人以外の民族も弾圧されているのですか?

A.中国内地に連れて行かれているのはウイグルの女性だけ。イスラム教の他の民族、カザフ人、ウズベク人、キルギス人には、自分たちの国がある。その国が彼らを守っている。彼らも少数民族だから、差別は受けている。しかし、一番ひどい目にあっているのはウイグル人。カザフ人、キルギス人、ウズベク人は、彼らの国の大統領らが、中国を訪問したとき、自国民の待遇をよくするよう要請する。その国々は、中国に協力しているので、中国は彼らに対して、ウイグル人に対するようなひどい扱いはしない。

Q.イリハムさんが受けた教育について。

A.私は小学校から中学校までは中国語の学校で勉強した。これは私自身が決めたことで、親が強要したものでもない。私の運命かどうかわからないが、小学校に入るその日、登録するために父に自転車に乗せられてウイグルの学校に向かった。その途中、ちょうど漢民族の学校の前で父が知り合いに会い、立ち話をした。私は自転車から降りて、学校を覗き、「お父さん、僕はこの学校に入りたい」と言った。そういう単純な子供の考え方で、私は中国語の学校で勉強するようになってしまった。
小学校を卒業するまでに、私はウイグル語を完全に忘れてしまい、親とコミュニケーションできなくなってしまった。母はこれはダメだと思い、、高校はウイグル語の学校に入った。そして大学に入ったとき、希望の専攻を書くが、残念ながら私は再び中国文学科に入ってしまった。

ウイグルのすべての街の市役所、県庁の役人、ウイグルの主席まですべて、中国語の学校で勉強した者がなっている。ウイグル語を勉強した者は信用されていない。中国共産党は、中国の文化の中で育った者を、完全に信用しているわけではないが、少しは信用して、そういう地位につける。


Q.亡命のルートについて。

A.60年代、ウイグル人はカザフスタンに8万人逃げた記録がある。そのときは、ソ連は中国との関係悪化していたので、中国の弾圧に反発して亡命する人を受け入れた。
ウイグル人は、中国人と同様にパスポートをもらえない。中国人は1週間、10日でパスポートが発行されるが、ウイグル人は2カ月かかる。ウイグル人がパスポートを申請したとき、その背景、家族関係をすべて調査をする。中国共産党に反発した者がいない場合は、パスポートが発行される。
だから、正常なルートで亡命した人より、逃げて亡命した人の方が多い。
昔はアフガニスタンを経由したことが多かったが、今は、そのルートが困難になった。パキスタンも以前は亡命ルートになっていたが、911以降、ムシャラフ大統領のパキスタンはウイグルを一切受け入れなくなってしまった。ウイグル人はいちばん行きたいのはトルコになったので、カザフスタン、ウズベキスタンに山を越えて逃げて、そこから、そこにいるウイグル人の助けを受け、トルコに逃げる人が増えている。


Q.日本はウイグルのために何ができるか。

A.私が日本の方に期待するのはただ一つ。ウイグルの現実を知ってもらいたい。
今、動物よりもひどい目に遭っている。ひどい状況から逃げられない。この21世紀、人権という価値観に向かって全世界が努力している時に、逆に奴隷時代に逆行しているところがあることを知ってもらいたい。そして日本の政府、このアジアで一番大きい民主化した国家、その国のリーダーたちが、アジアのリーダーをつとめて、我々の現状を変えるのを助けて欲しい。

Q.核実験は住民に連絡がなかったのですか?

A.全然連絡がない。インターネットでみなさんも見たことがあると思うが、第1回核実験のとき、中国の軍人たちが、核爆発に興奮して、爆心に向かって全員走っていく映像がある。これは、中国共産党が、核の影響を調べるために、国のためにつくした軍人たちを犠牲にした証拠である。
中国人の多数のサイトに掲載されているが、彼らは3年も経たないうちに全員死亡した。


Q.内モンゴル出身のダシです。ウイグル人が、今の東トルキスタンに移った後に、遊牧民から農耕民、商業の民族になった後に、非常に性格的にも従順で、他の民族とあまり争わない民族になったような記憶があります。13世紀にモンゴル人が帝国をつくったときに、ウイグル人はモンゴル人に対して、抵抗も起きなかったし、そして何百年の間、ずっと積極的に協力しました。
なぜ、今中国政府に対して、いわゆるテロといわれるぐらい、そこまで民間の人たちが抵抗しているのか。原因はどこにあるのか教えて欲しい。


A.ウイグル人が、モンゴル高原から今のウイグルの地域に入ったとき、実はそこにはアーリア人が農業をやって住んでいた。最近の楼蘭で出たミイラの調査の結果、今のウイグル人とは少し違う。でもウイグル人の先祖であることは間違いない。同じトルコ系民族だが、ウイグル人、ウズベク人、トルコ人の顔はカザフ人、キルギス人とまったく違う。ですから、昔のウイグル人も、今のカザフ人、モンゴル人と同じ顔をしていたのではないかと思うが、あの地域にウイグル人が入り、混血したのが私たちじゃないかと思う。モンゴル高原からきた人々とそこに昔住んでいたアーリア民族の子孫が我々だと思う。
昔から我々はシルクロードで平和に暮らしていた。21世紀、鉄が空を飛び、船が海中を進む時代に、逆に私たちは自由、人間的な生活がなくなった。中国のことわざに、「犬をいじめたら、どんな高い塀も飛び越えて逃げてしまう」というのがある。平和的だった我々も限界を越えたら、反抗するものが出てくる。ウイグル人にそういうことをやらせているのは中国人だ。


Q.こういう問題であれば、国連、国連が内政干渉という問題があるなら、アムネスティがあるわけですね。そういうものが、この問題を取り上げることはないのですか。
私が最近感心しているのは、ボスニア・ヘルツェゴビナの問題。両陣営とも、シンクタンクとかロビーイストを使っている。そういう運動をする必要があると思う。

A.最近、国連も最近いろいろやっているが、国連はほとんど機能していないと思う。国連の常連理事国の一つは中国。権利を行使したら何もできないと思う。
最近のパキスタンの大統領の選挙を、中国が一番心配していると思う。イスラム勢力が政権をとったら、再びウイグル人を助けてあげようという人が増えてくるのは間違いない。ムシャラフ大統領時代厳しかったという話を先ほどしたが、その時期にも、ウイグル人を助けようというパキスタン人はたくさんいた。しかし国の政策で、非常に厳しくなった。今回の大統領選挙は、ウイグル、中国に大きな影響がある。
ウイグルに隣接する国々は旧ソ連崩壊後、民主化されたことになっているが、実際は独裁の国。自分の政権の延命のために、中国は大切で、必要な国。私たちは、ソ連と中国の犠牲になったが、今回も同じく、そういう人々の利益のために、同じ民族がまた再び犠牲になっている。

 
Q.イスラム教に対する弾圧で、宗教を捨てるウイグル人はいるか?

A.ウイグル人がこの50年間、自分のアイデンティティーを守ってこれたのは、宗教のおかげ。どんな宗教であれ、宗教がなければ、この50年でこの民族はなくなったと思う。中国共産党がどれだけ禁止しても、私たちは心の中で、イスラム教徒であることを非常に誇りに思っている。
ウイグル人は、イスラム教のスンニ派で平和的。小さい頃から、他人の心を傷つけてはいけない、という教育を受けている。だから、ウイグルにイスラム原理主義者は一人もいないといえば嘘になるが、ほとんどいない。

ウイグルを紹介する資料はすべて外国語から翻訳している。1930年代、1920年代、大谷探検隊の時代から、ウイグルの資料は、特にドイツとロシアに多数残っている。
55年に中国共産党が入ってきて、ウイグルに関連する書籍が全部燃やされた。その後、80年代に入り、燃やされた本を見た人たちが、それらの本を復刻した。しかし2005年、カシュガルで、1万冊、ウイグル関連の本が燃やされた。ウイグルの建築の飾りの本や、絵本まで、全部焼かれた。3年前のことです。今、ウイグルの歴史、昔の文化を紹介する本、ウイグル語の本はほとんどない。


 Q.サッポロビールは新疆ウイグル自治区からホップを輸入している。このホップの生産は人民解放軍と関係があるとネットに書かれている。これは本当か?

A.サッポロビールのホップはウイグルの北の方で生産されている。これは先ほど私が話した兵団が生産したもので、サッポロビールはウイグル人からまったく買っていない。それから、サッポロビールのウイグルの事務所で、仕事をしているのはすべては漢民族。ウイグル人は一人もやっとっていない。ウイグルでやっているのはサッポロビールだけではない。積水化学?もやっている。積水化学?に120人ぐらい勤めているが、ウイグル人はいない。


 


関連ページ

youtube
第一回ウイグル勉強会 イリハム氏の話 1/6
第一回ウイグル勉強会 イリハム氏の話 2/6
第一回ウイグル勉強会 イリハム氏の話 3/6
第一回ウイグル勉強会 イリハム氏の話 4/6
第一回ウイグル勉強会 イリハム氏の話 5/6
第一回ウイグル勉強会 イリハム氏の話 6/6

第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 1/8
第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 2/8
第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 3/8
第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 4/8
第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 5/8
第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 6/8
第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 7/8
第一回ウイグル勉強会 白石氏の話 8/8


イリハム応援団 日本ウイグル協会会長イリハム氏を応援する私設団体

ウイグル弾圧の先兵に金を出すサッポロビール
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/575341/


このページを読まれた方、多くの日本人にウイグルの現状を知ってもらうために、この内容の一部でもまわりの方に話していただければと思います。サイトやブログをお持ちの方は、このページや前のページへのリンクをお願いします。
イリハムさんを始めとする多くのウイグル人もそのことを願っています。


 

ウイグル問題は日本の問題でもあると思う方
中国に隷属しようとする政治家を落選させたい方
はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
中国人は日本の奴隷民族1・2・3・4・5・gの意見
http://ameblo.jp/zainichikaere/entry-10162003086.html http://ameblo.jp/zainichikaere/entry-10162003822.html http://ameblo.jp/zainichikaere/entry-10162004438.html http://ameblo.jp/zainichikaere/entry-10162005053.html http://ameblo.jp/zainichikaere/en...
URL 2008/11/08(Sat)12:17:54
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
63
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]