忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [183]  [180]  [178
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日、日比谷公会堂で「金正日はすべての拉致被害者をすぐに返せ!国民大集会」があった。
ネットにいくつか動画がアップされているが、アクセス数がとても少ない。先週の外国人参政権反対集会の動画と全然違う。でも、拉致問題も領土問題も、外国人地方参政権の問題も、根は同じ、国家意識の希薄化。意識の向かう先は違っても、問題意識は同じ。拉致問題の解決に関心がないわけではないと思う。

重要なのは、金正日が死亡したときの混乱時に、国家としてどう行動するのか、だけれど、計画はあるのだろうか?北方領土も、ソ連崩壊時にうまくやれば取り返せたと思う。

民主党は北朝鮮と取引して、選挙前に拉致被害者を何人か帰してもらうんじゃないか、という話が流れているが、そうなったら、ノリピー騒ぎどころではない、その報道一色になって、選挙の争点が吹き飛んでしまう。でも、民主党もマスコミも体質的にやりかねない。


奇しくも今日はパンチェン・ラマ11世(ゲンドゥン・チューキ・ニマ青年)21歳の誕生日。
わずか6歳で中国に拉致されたチベット人だ。

侵略した国の6歳で幼児を、政治的な理由で家族もろとも拉致したまま、今も行方がしれないまま、という異常な状況を、メディアが全然報じない、という異常な状況に、我が国はある。

■パンチェン・ラマ11世の無事を祈り、解放を要求する人々


■参考

パンチェンラマ11世死去説の怪
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/1009115/

ゲンドゥン・チューキ・ニマは生きている?
http://megalodon.jp/2010-0425-2151-29/paike.people.com.cn/j.people.com.cn/content.php?id=351
上記ページ、魚拓とりました。編集のKM氏は意図的にやったのか? 粛正されなければよいが…

史上最年少の政治囚・パンチェン・ラマ11世
http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/81/
 



参考になったという方はクリックを↓↓↓

 人気ブログランキングへ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
62
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]