忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偽物だらけの中国で、ダライ・ラマ法王の偽物誕生の予行演習が行われました。
今回のダライ・ラマ法王来日の様子はテレビでは全く見なかったが、偽ダライ・ラマ誕生は日本のテレビで報道されるだろうか。



パンチェン・ラマが活仏転生選定=ダライ後継見据え実績―チベット

7月4日16時49分配信 時事通信

 【北京時事】新華社電によると、中国政府によって認定されたチベット仏教第2の高位者パンチェン・ラマ11世(20)がチベット仏教の活仏の転生(生まれ変わり)を選定する儀式が4日、チベット自治区ラサ市のジョカン寺(大昭寺)で行われた。同仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(74)がインドに亡命して不在の中、活仏転生儀式で重要な役割を果たすことで、同14世の後継選びに向けて実績を積み上げている。
 儀式は2000年3月に死去した第5世徳珠の転生を選定するもので、あらかじめ2人に絞り込まれた候補者の中から、同11世がくじ引きをした結果、ロサン・ドジェ少年(4)が選ばれた。同自治区政府の承認を経て第6世徳珠となる。
 新華社電は、転生の手続きが中国政府のチベット仏教活仏転生管理規則に従って実施され、出席した仏教関係者が「宗教儀式、歴史的な制度に完全に合致している」と手続きの正当性を強調したと伝えた。
 パンチェン・ラマ10世の後継をめぐっては、ダライ・ラマ側と中国政府がそれぞれ転生を認定した経緯がある。ダライ・ラマ14世の後継でも同様の事態が予想される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100704-00000052-jij-int


参考になったという方はクリックを↓↓↓

 人気ブログランキングへ

PR


今日、日比谷公会堂で「金正日はすべての拉致被害者をすぐに返せ!国民大集会」があった。
ネットにいくつか動画がアップされているが、アクセス数がとても少ない。先週の外国人参政権反対集会の動画と全然違う。でも、拉致問題も領土問題も、外国人地方参政権の問題も、根は同じ、国家意識の希薄化。意識の向かう先は違っても、問題意識は同じ。拉致問題の解決に関心がないわけではないと思う。

重要なのは、金正日が死亡したときの混乱時に、国家としてどう行動するのか、だけれど、計画はあるのだろうか?北方領土も、ソ連崩壊時にうまくやれば取り返せたと思う。

民主党は北朝鮮と取引して、選挙前に拉致被害者を何人か帰してもらうんじゃないか、という話が流れているが、そうなったら、ノリピー騒ぎどころではない、その報道一色になって、選挙の争点が吹き飛んでしまう。でも、民主党もマスコミも体質的にやりかねない。


奇しくも今日はパンチェン・ラマ11世(ゲンドゥン・チューキ・ニマ青年)21歳の誕生日。
わずか6歳で中国に拉致されたチベット人だ。

侵略した国の6歳で幼児を、政治的な理由で家族もろとも拉致したまま、今も行方がしれないまま、という異常な状況を、メディアが全然報じない、という異常な状況に、我が国はある。

■パンチェン・ラマ11世の無事を祈り、解放を要求する人々


■参考

パンチェンラマ11世死去説の怪
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/1009115/

ゲンドゥン・チューキ・ニマは生きている?
http://megalodon.jp/2010-0425-2151-29/paike.people.com.cn/j.people.com.cn/content.php?id=351
上記ページ、魚拓とりました。編集のKM氏は意図的にやったのか? 粛正されなければよいが…

史上最年少の政治囚・パンチェン・ラマ11世
http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/81/
 



参考になったという方はクリックを↓↓↓

 人気ブログランキングへ

“テキサス親父”というのは、youtubeを個人の放送局のように利用した“プロパガンダバスター”という番組で、時事問題をバンバン語ってくれるオジサンである。グリンピースの反捕鯨に対して筋の通った批判を展開し、日本の立場を擁護してくれたりするので、2ちゃんねるなどで以前から大人気だった。テキサス在住の59才、イタリア系アメリカ人だそうだ。
ありがたいことに、有志が、テキサス親父の口調にピッタリの字幕をつけてyoutubeやnikonikoにアップしてくれている。

テキサス親父は去年、聖火リレーが世界を回っている頃、パンチェン・ラマ問題を取り上げてくれた。短い時間でかなり正確に要点を語ってくれているので紹介したい。


中共のパンチェン・ラマ誘拐。 (字幕付き)
よぉ!(^^)/2008年4月8日分。1989年あたりに話題になった、ダライ・ラマ後継者についての話。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3027474
 

youtube
http://www.youtube.com/watch?v=ZRXoH4L7Ucs)




こんにちは、アメリカのミスターミセス。
働き者たちと、アメリカの真実を追う外国人共。
ようこそ、プロパガンダ・バスターへ。

よぅ!



今日は、この子について話そう。

「ゲンドゥン・チューキ・ニマ
チベットのパンチェン・ラマ」

「政治犯」

「求ム」



「10年目 チベットの拐われた子供」

この少年、チベット人からは、
パンチェン・ラマと呼ばれている。
世界中で、中共によって
誘拐された子供として知られている。

背景を話そう。

1950年代に、中共はチベットを制圧した。
1959年に、ダライラマはチベットを離れ
命からがらインドに亡命。

さて、ダライラマは
チベット仏教で最高位にある。

第二位は、
パンチェン・ラマ、と称される。

読み方がおかしいのはどうか許して、
俺はチベット人じゃないし、な?

ダライラマがインドへ亡命した時、
パンチェンラマは、チベットに残った。
そのまま、パンチェンラマは、
共産党の弾圧の元に苦しみ、亡くなった。

その死が共産党の弾圧によるのか、
悪性の病気によるのかはわからない所だ。

とにかく彼は亡くなり、新しく
パンチェンラマを選び直す時は来た。

パンチェンラマは
必ず生まれ変わると信じられている。

ダライラマが、パンチェンラマを
再び選び直すんだ。

だからダライラマは、
共産党に連絡を入れた。
「次のパンチェンラマ選びの際、
私に協力させてください。」

共産党曰く、
「知らねーよ。お前いらねー。
キッパリ忘れてくれ。」

続けて共産党は、ダライ代理人を使って、
チベットでパンチェンラマ探しを始めた。

こちらの人物は、仏教の伝統に沿って、
遺跡などを巡った。

そして、生まれ変わりの
パンチェンラマを指名した。

少年の体に傷を見つけたことで、
転生者と確信したんだ。

彼は共産党に報告した、
「とうとう見つけましたよ!」と。

共産党曰く、
「よくやった、その少年が
次のパンチェンラマだ。」

だがこの代理人、
共産党のパンチェンラマ探しを手伝う中、
ダライラマにも逐次報告をしていた。

同時に、ダライラマも、
彼の伝統的な儀式を通して、
次のパンチェンラマ探しを完了させたんだ。

実際、ダライラマは自分の手で、
転生したパンチェンラマを指名した。
「とうとう見つけた!」と報告もした。

それを知った共産党員、
代理人からパンチェンラマ指名の経緯が
漏れていたことを知った共産党員、
共産主義者が、共産主義者に、
共産主義者として、すべきことをした。

ぐしゃり。

共産主義者らしくな。



この幼年期の子を、
かっさらいやがった。

間違いなくやった。

誘拐ってのは、合法だ、
共産主義をとっていれば。

哀れな子供の誘拐に止まらず、
両親も拉致った。

子供の人生だけでは満足できず、
両親の人生も欲しいんだと。

このパンチェンラマは誘拐された。

行方は誰も知らない。

どっかの地下牢じゃないのか?
「地下牢」って言うしかないよ。

もし、いい生活をしているのなら、
何故、子供の行方を隠す?

行方を隠すのは、
ムゴイ扱いをしてるからだろ?

以上、
証明終わり。

ということで、奴等は、自分たちの
パンチェンラマを擁立、
仏教のしきたりを無視しているから、
生まれ変わりではないんだろう。

だから、国連は、
本物のパンチェンラマへの
訪問団を組織して、
「彼が適切に扱われているか確認したい」
と、中共政府に依頼した。

中共、曰く、
「んなの知らねーよ。失せろ。」

そこは国連、
尻尾を巻いてお家に帰ったさ。

国連てのは、臆病者の集まりだ。

哀れにも、この子は1995年に誘拐され、
生きているなら、今年18歳になる。

俺は、中国の全共産党員に問いたい。

Youtubeに巣食ってる、
白い靴下に、黒い靴を履いた、
赤い工作員にも問いたい。

俺の問いはこれだ。

お前らの政府が、宗教を怖がるのはナゼだ?

そうだ、奴等、宗教を恐れてる。

宗教を恐れるのは、
政府が不安定で、しかも正統ではないからだ。

お前らは不当な主人に仕えてる。
共産主義者に奉仕するとはそういうことだ。

哀れな子が出るはずだ。

じゃ、またな。
諸君に祝福あれ。
アメリカに祝福あれ。

諸君が生まれた国に、祝福あれ。



あの不幸な少年に、祝福あれ。

1995年から、共産チンピラの監視下だ。
誰がお前の苦しみを解き放てるだろうか。

じゃな、ガキ共。
チベット国旗を持っているなら振ってやれ。


「情報提供者のSuper Slethに感謝。」



字幕:緑文字の人、higon

 
パンチェン・ラマは、今年の4月25日で20歳になる。先日の成人式に出ていた人たちと同い年だ。
 

テキサス親父の、いつもの「ヘッヘッ」という陽気な笑い声、最後は力がなかった。画質の悪い映像からも、テキサス親父の悲しみの表情がわかる。彼もこの話を初めて知ったときは、相当ショックだったに違いない。

で、拉致の実行犯である中国は、どう言ってるかというと、

「少年は両親の要請に基づいて政府が保護している」

だそうです。

天安門事件で、数千人から数万人のデモ参加者を殺したときは、「天安門広場では1人も殺されなかった」。
中国国境警備隊が、チベット人巡礼者を射殺したときは、「不法出国を図ろうとしたグループが、引き返すよう求めた当局の勧告に従わず集団で攻撃してきた」。
去年の聖火リレーでは、身障者で車椅子の中国人女性ランナーを “チベット人” が襲ったこともありました(笑)。このときは「これがダライ一味のいう自由と人権の正体だ」と言っていた。

「少年は両親の要請に基づいて政府が保護している」という中国当局の説明を信じる人、います?
中国人だって、というか中国人ならなおさら、中国当局のそんな説明はウソに決まってる、と思っている。

次に、このニコニコ動画を見た人たちの反応を見てみよう。
ニコニコ動画は、視聴者が画面にコメントを書き込めるようになっている。
テキサス親父が「この幼年期の子を、かっさらいやがった。」「間違いなくやった」あたりからの、視聴者のコメントだ。(2008年1月13日夜の時点)
 

えええ
初めて知った(´;ω;`)ブワッ
ええええええええ
うわああああああ

ええええええええええええええええ
それってつまり
むう
うあああああ
ええ
最低
ひでぇ
ひでぇ
まじか
えええええええ
ほんとひどい話だよ
ああああ
まさに鬼畜外道の所業だな
あああああああ
うわわわ
ええええええ
鬼畜め・・・・
ありえねえ
酷い話だな
中狂ども
(゚Д゚;)
うわ・・・・・
一族まとめて罪に処す国だからな
わけわかんねえ
鬼畜過ぎる
鬼畜か
次は日本だな
中共だからな・・・・
最悪だな
殺されたのかな?
さすが、北の親玉
くそが・・・
地下牢・・・・いやだな
「地下牢」ってのは殺されてるっていいたいんだろうな
ひどすぎるだろ・・・
死んでるだろ
ひでえなあ
人でなし
あ、共産は誘拐は合法なのか
中国じゃ政府は人を惨殺拷問しても問題ないみたいだからな
良心的だったが為に・・・
日本で言えば、皇太子殿下の拉致レベルだよ!!
ったく。マルクスがあの世で泣いてんぞ。ファック!
隠す時点で酷い扱い
生きていればいいんだけどな・・・
ああ・・・
地下牢って言うか・・・地下なんじゃないのか、色んな意味で
これはほんとにひどい、でもマスコミは言わないよね。
死んでるだろうな・・・
民族虐殺の一環なんだろうな。反吐が出る。
ひでえ・・・
これだから共産主義は・・・
本当にこんな国でオリンピックやるのかよ?
人権団体のほとんどがスルー
共産主義に、神も仏もないからなあ
日本の人権団体は「人権」を隠れ蓑にした赤化勢力だしなあ
ぜんぜん知らなかった・・・



…という反応だが、初めて知った人はやっぱり驚く。それが普通の人間の感覚だ。

私がパンチェン・ラマのことを初めて知ったのは、去年3月のチベット蜂起の後、ダライラマ法王事務所のサイトを見たときである。
国家がそこまでやるのか、というほど衝撃的な話だったので、長野聖火リレーのときには、パンチェン・ラマのプラカードを作って持って行った。パンチェン・ラマのTシャツを作成したりもした。このブログにパンチェン・ラマの写真を使っているのも、それだけ強烈な印象を受けたからだ。

しかし、パンチェン・ラマ問題、我が国のマスコミは完全に無視している。
「中国に叱られるのが怖いから」、という情けない理由で。
だから、みなさん、この問題は、個人レベルで伝えていく必要がある。

長野聖火リレーのとき、パンチェン・ラマのプラカードを掲げていると、中国人が、「それはやめろ」と言ってきた。
この問題を突かれるのが、中国にとってかなり痛いから。

北朝鮮による拉致問題をマスコミが大きく取り上げるようになったのは(取り上げざるを得なくなったのは)、13歳の女の子まで拉致したことを突き止めて、問題化した人たちがいたからだ。
それまで、マスコミは、北朝鮮の非道に目をつむってきた。それも、朝鮮総連の暴力的な抗議が怖い、という情けない理由からだ。
その悪しき慣習が、横田めぐみさん拉致事件の衝撃で、一挙に崩れた。
6歳の幼児を拉致したこの事件にも、それだけの衝撃力があると思う。

チベット人の方々がデモや講演で、一番訴えていることは、チベットの現状を周りの人に伝えて欲しい、ということ。
だから、私はそうしている。みなさんもよろしく。


■参考

世界最年少の政治囚19歳に…拉致された転生霊童
http://dogma.at.webry.info/200804/article_11.html

史上最年少の政治囚・パンチェン・ラマ11世
http://tibet.turigane.com/panchenlama.html

ゴルゴ13とパンチェン・ラマ11世
http://tibet.turigane.com/golgopanchen.html

パンチェン・ラマ(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)
http://www.tibethouse.jp/panchen_lama/index.html

中国政府の嘘と日本報道の信憑性(天安門事件の映像)
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080324071823_1.htm

中国軍がチベット人を無差別に射殺(日本語字幕付)
http://jp.youtube.com/watch?v=fYinWeqihtE

聖火リレー 車いすのランナーを攻撃したチベット人らしき男性は、中国による偽装か
http://blog.livedoor.jp/gochagocha/archives/55027444.html


■書籍
ダライ・ラマとパンチェン・ラマ
パンチェン・ラマ伝
レイプ・オブ・チベット―中華的民族浄化作戦
中国はチベットからパンダを盗んだ
ならずもの国家 中国の本性―蹂躙されたチベット
中国が隠し続けるチベットの真実


■テキサス親父

ダライ・ラマのホワイトハウス訪問に中共怒る。(字幕付き)よぉ!2007年10月20日分。去年ダライ・ラマが訪米中にホワイトハウスに招かれたときの話。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2698690

チベットと中共。(字幕付き)2008年03月16日分。三月中旬の今起こっている。チベットの暴動についてのコメント。いつもにもまして元気だ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2698940

共産中国、ナチスドイツ。嫌われ者は?(字幕付き)よぉ!(^^)/。2008年04月26日分。最近何かと話題の、北京オリンピックトーチリレーについて。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3148673




 

中国は「パンチェン・ラマを返せ!」と叫びたい方は、
クリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ

今日はパンチェン・ラマ11世の誕生日です。
おめでとうございます。6才から19才まで監禁って、
新潟の女児監禁と同じようにひどい話だけれど、マスコミはほとんど報じないですね。

今日は、午後長野に行って、25日、26日、どちらも善光寺でパンチェン・ラマが無事でありますよう、早く解放されるよう祈ってきます。


チベット問題は日本の問題でもあると思う方
中国に隷属しようとする政治家を落選させたい方
はクリックを↓↓↓
人気ブログランキングへ
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
63
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]