忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/59/ のつづき


 都議会民主党・前総務会長 土屋たかゆき議員

都議会民主党・前総務会長 土屋たかゆき議員
都議会民主党・前総務会長 土屋たかゆき議員



だいたいこういう集会に来ると評判の悪い民主党の、前総務会長をしていました、土屋たかゆきです。

いろいろ教育問題を考えると、私はよく考えるんですが、戦前の教育と戦後の教育で、よく戦前は暗い時代だった、と戦前の批判をする人はいます。確かに間違った部分はあるかもしれないけれども、しかしながら少なくとも、子供が親を殺したり、親が子供を殺したり、そういう事件が日常茶飯事的に起きていたということはあり得ない、のが事実です。
私が都議会議員になったのは平成9年で、11年経ちますが、この11年で変わったことは、朝、街宣をしていると、パンを食いながら歩いてくるお兄ちゃん、タバコを吸いながら歩いてくるお嬢ちゃんがいる、ということです。
ずいぶん日本の道徳も低下したものだな、と思います。確かに中山さんの発言というのは、私は日本の教職員組合のことをよく表した表現だと思います。ああいう人は少ないですよね。私も含めて、日教組を批判している先生方、正論を貫いている先生方というのは残念なことに、地方議員、国会議員も含めて、非常に少ないわけですから、もうちょっと、慎重に、丁寧に説明をしていただければなぁ、と思いますが、日教組がガンと言って悪いのなら、日教組は悪性腫瘍だと言い直さなければなりません。

みなさん、大変な誤解があるのは、教職員組合は、いわゆる旧社会党系を支持していた日教組だけではなくて、共産党を支持している全教というとんでもない団体があります。全日本教職員組合といって、主に、高校などはこの全教が支配をして、無茶苦茶にしている。ですから、私の板橋区でも、小学校中学校の卒業式では国旗が掲揚され、子供たちは君が代を斉唱していますが、高校に入ったとたん、女の子が西洋の売春婦のような姿になってしまって、大股開きで前に座っている。そして国歌は来賓しか歌わない。そういう状態になっているんですね。
全教、日本共産党が指導する全教という教職員組合は、日教組以上の犯罪を犯しているということをぜひご承知をいただきたいと思います。

国立市という市がございますけれども、国立市でも同じような問題があり、紅白の玉入れができない。つまり、紅白というのは日の丸の白と赤を表すから、玉入れは白と青にしろ、と。それから、紅白の天幕がありますが、これも日の丸を連想するから使わない。何を使うかというと、お葬式のときに使う、ブルーと白の天幕を使って、卒業式や入学式をやっている。
そして、新しくできたある中学校では、校章や校歌がない。なぜかというと、校章や校歌を作るということは、国旗を容認し、国歌を容認することにつながるから、そういうものは作らない。このようなことが、ついこの前まで行われていたわけです。そうしたことが、実は、東京都でずっと放置されていた。

こういう集会に出ると、だいたい民主党の悪口がずいぶん出てくるんですが、民主党の良い部分もあるんですよ。ここだけの話ですが、変なのもあるんです。

私は11年、毎日日教組の批判をしているわけじゃありません。地域の問題の話もしていますが、街頭で教職員組合の批判をして、批判をされたのはたった2件です。
学校の先生がこう言いました。「私は民主党支持者だけれども、あんたは何だ」というから、「いや、本当のことを言っているだけでしょう」。民主党支持者だというから、「いや、それは迷惑だからやめてください。社民党を支持してください。あなたの言っている民主党というのは、昔の社会党、今の社民党のことなんです。ぜひやめていただきたい」と言いましたが、たった2件しか苦情がこない。

圧倒的多くの人は日教組は悪い、教職員組合の教育によって子供たちがこんな状態になってしまった、とはっきりと言っています。

私は政治家に責任があると思います。一番の責任は、他党のことを批判するのは申し訳ないですが、自由民主党だと思います。私は20才で自民党に入党して、党歴では民主党より自民党の方が長いのですが、その自民党は昔、総選挙、地方選挙になると、5分間演説集というのを作りました。その中に、共産党の批判と日教組の批判が必ず入っていました。ところが今は、そういう5分間演説集の中に、日教組の批判も、共産党の批判もないんです。

足立区で吉田万三という共産党の区長がいて、リコールをしました。公明党、民主党、自民党が一緒になって、リコールをして、再選挙になりました。私も統一候補者の応援に行きました。「共産主義というのは、その主義のもとに、2億人の人を殺して、とんでもない思想なんだ。そういう思想をもった人が私の生まれた足立区の区長であるということは非常に問題がある」という演説をしたら、自民党の議員が、「土屋さん、よくそんなことが言えるね」と言って、その人は何を言ったかといったら、「吉田万三は足立区の生まれじゃない。だから区長にふさわしくない」と言ったので、その演説が終わってから、「先生、大変申し訳ないんですが、私は足立区の生まれで、今板橋区で都議会議員をやっております。その論が正しいとするなら、私は板橋の都議会議員を辞めなければならないので、そういう自民党らしくない演説はやめた方がいいんじゃないですか」と申し上げさせていただきました。

教科書裁判のときもそうです。
私の板橋区でも、私がある会合で自民党の幹事長に、何とか“新しい歴史教科書をつくる会”の教科書を採択してくれ、というお願いをしました。その自民党の長老の幹事長は何と言ったか。「そういう右翼的な、国粋主義的なことを、自民党はできない」
「先生、そんな話じゃないんです。私は国民の一人としてお願いをしているんですが」と言ったんですが、とうとう最後まで理解されませんでした。

これから、総選挙があります。政権を選択する選挙だと言って、マスコミが世論を盛り上げていますが、それは大きな間違いです。

きのう新党日本の田中康夫代表とお会いをしてお話をしたんですが、今度の選挙は政権選択選挙ではなくて、この日本国をどう立て直すか、それを政策で争う選挙だと私は思っています。

 

土屋たかゆき・東京都議会議員




 

一刻もはやく日本の教育をまともなものにしたいと考えている方
はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
63
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]