忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国は、かつて日本が、アジアの国々を侵略し、文化を破壊し、言葉を奪い、残虐な方法で殺人、拷問、強姦を行い、人々を奴隷のように扱っていた、という宣伝をますます熱心に行っている。
また、中国は、そのような逆宣伝をチベットに対しても行っている。チベットの博物館では、かつてチベットでは、僧侶や貴族が、民衆を搾取し、奴隷を虐待し、残酷な刑罰を行っていたが、中国がそれを解放して文明を与えた、と、拷問を受けた人の写真、拷問道具や、蝋人形等を公開し、残虐性を視覚的に訴えている。

しかし日本軍が行ったとされる蛮行は、中国の歴史においては一般的なものであるが、日本人の発想にはないものが多々ある。実際に、中華人民共和国が建国されてから今日に至るまで、彼らがチベットで行ってきた残虐な行為の数々は、日本軍が行ったと喧伝されていることとそっくりである。

自分が泥棒だと指摘される前に、別の人間を大声で泥棒呼ばわりして、罪を着せようという浅ましい魂胆だったのだろうが、現在のところ、それは政治的に極めて有効に働いている。中国当局の積極的なロビー活動によって、西側各国の議会で、慰安婦決議が次々と採択され、戦後60年以上が経過しても、日本非難はいっこうに止まない。

歪曲された日本の慰安婦問題を、日本のマスコミも大きく取り上げてきた。しかし、日本に濡れ衣を着せることに必死な中国自身が、甘言によって騙した少女たちを慰安婦にしている事実は、まったく報じられることはなかった。

下の写真は「『慈悲を生きる』-ダライ・ラマ14世とチベット」というDVDの一コマである。
この女性は14才、日本でいうと中学2年生の頃に、甘言によって騙され、毎晩3,4人の中国軍士官に強姦され続けた、と言う。
 

中国軍の将校に慰安婦にされたと訴えるチベット人女性
 
中国軍士官の慰安婦にされたチベットの少女
 

中国軍は、若い女性たちに軍隊に入れば医学と看護婦の教育を施し、
両親には特別の報償を与えるという知らせを流した。
そのため1983年、私も軍隊に応募した。
当時まだ14才だった。

入隊した時「君の義務は上司の全ての希望を満足させることだ」と言われた。
その夜、数人の中国軍士官がやってきて、私の服を脱がせ始めた。

私は抵抗できなかった。
その後3人の中国軍士官に強姦された。

私のような女性が12人いた。
女性は毎晩3,4人の中国軍士官を相手にしなければならなかった。


1980年代に入り、中国は、民主的な方向に向かっているかのように見えたが、その時代にさえ、このようにチベット人の少女を強制的に慰安婦にしていた。民主化の流れに逆行した天安門事件以降、特に最近は第2の文化大革命と言う人がいるほどの状況にあり、今もなお、理不尽な方法で集められた少女たちが、中国軍の将校たちの慰み者にされているにちがいない。

今もなお中国で崇拝されている「建国の父」毛沢東自身が、70才を過ぎてもハーレムで12、3才の少女を妊娠させていたというから、中国の権力者にとっては、そういうことは当たり前のことなのだろう。

日本叩きのためではなく、本当に女性の人権を守りたいという志をもった方々は、21世紀になっても国家によって強制的に慰安婦にされている女性がいるかもしれない、という問題に、少しでも関心を向けてほしい。


参考

慈悲を生きる-ダライ・ラマ14世とチベット
http://tibet.turigane.com/compassion.html

妥協の積み重ねで『強制』の濡れ衣 慰安婦問題は根本から論じ直すべき
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2007/03/17/post_508/

慰安婦問題と水面下でつながる一連の120兆円もの対日企業訴訟を忘れるな
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2007/03/24/120/

慰安婦問題の意図的歪曲に沈黙は禁物 事実をもって反論する勇気が必要
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2007/07/07/post_520/

慰安婦決議、カナダやオランダも ~ やまない日本糾弾
国際問題評論家 古森 義久氏 2007年12月4日(とそこからのリンク)
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/63/

通州事件・南京事件・尼港(ニコウ)事件その他
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/tusyu_jiken_1.html

チベットの女性と子供の人権
http://tibet.turigane.com/tibetanrights.html

中国はいかにチベットを侵略したか
そして中国はいかに日本を侵略するか
http://tibet.turigane.com/tibetmurder.html


マスコミが報じない毛沢東の姿
http://www.melma.com/backnumber_45206_2310112/
http://www.downloaders.cn/2007/09/22154454.html
http://www.ch-sakura.jp/oldbbs/thread.html?id=208159&genre=sougou
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411043389
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012688225
 

チベット問題は日本の問題でもあると思う方
中国に隷属しようとする政治家を落選させたい方
はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
63
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]