忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/73/ のつづき

前の日記で、社会科の教科書が韓国寄りであることを示したが、影響を受けているのは、社会の教科書だけではなかった。

算数の教科書で、韓国系企業ロッテの「コアラのマーチ」が宣伝されている!!!(新編 新しい算数 小学6年生下・東京書籍)

コアラのマーチは最近複数の国で、メラミンが検出され話題となっているロッテの人気商品だ。

全国の何十万人かの小学生がコアラのマーチのCM入り授業を受けるのだから、この広告効果は金額にすればかなりのものだろう。

そういえば、以前、東京消防庁の火災予防ポスターに、韓国の消防士が主人公の映画のシーンが使われたことがあったが、映画の公開に合わせて17万枚が貼られたそうだ。
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/35494/
http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10017331700.html
 

我が国では、政府の役人や政治家、総理大臣まで、ハニートラップやマネートラップのターゲットになり、国民の意識と乖離した親中親韓政策であふれかえっていることを考えれば、この手の現象は他にもたくさんあるのだろう。


下の写真も同じ算数の教科書だが、韓国がアメリカや中国より先にきている。
(これは日韓中で発音の類似がわかりやすいようにするためかもしれないが)

ロッテ コアラのマーチ 算数の教科書

強制連行や従軍慰安婦、創氏改名など、嘘で塗り固められた日韓の歴史問題。その嘘を指摘することさえ許されない風潮が続いてきたが、その一要因に子供たちの教科書の汚染がある。子供たちは、嘘を信じやすいように教育され、そういう人間が今も大量生産されているのだ。



http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/75/ へつづく

 

日本の公教育の立て直しを切望される方は
クリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
63
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]