忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/143/ のつづき

言葉を奪われ、祖父母と孫の会話を父母が通訳

中国共産党を指導している者も人間ですから、必ず変わると私たちは信じて、神様にお願いして、我慢してきました。

しかし、何も変わりませんでした。

逆に、彼らが考えているのは、「この民族を完全に浄化、同化するためには、まず彼らの言葉を奪わなければならない」ということでした。

それで2000年から、ウイグル地域で、ウイグル語の教育が禁止されはじめました。

一番最初は大学から始まりました。

私が大学生の頃は、私たちはウイグル語で勉強して大学に行きました。
ウイグル語で勉強したからといって、社会で使われない人間ではありませんでした。
みんなウイグル語で勉強して大学を卒業して、社会に出て、優秀でした。

しかし中国は、ウイグルの言葉は現代に合わない、ウイグルの文字はコンピュータに合わない、と言います。

2005年までに、私たちのウイグル地域は、幼稚園まですべて中国語になってしまいました。

今、中学高校生で、自分の親とウイグル語で交流できない子供たちが、たくさん出てきています。
主に大きな都市でたくさん出ています。

そのおじいちゃん、おばあちゃんは、ウイグル語しか話せません。親が間に入って、子供と祖父母の会話を通訳しなければならない、という状況になっています。そうしないと、孫は祖父母と交流できません。

それでも私たちは何も言いませんでした。言うと刑務所に入れられるからです。

毎年、100万人以上、中国本土から中国人を連れてくるようになりました。
彼らはやってきたらすぐ仕事が見つかります。
しかし、私たちはいつまでも仕事が見つかりません。

大学を卒業したウイグル人の95%は、卒業=失業なんです。
今のウイグル地域では、どんな職場でも、ウイグル人に面と向かって、「ウイグル人はいらない」と言っています。

私たちはそれに反発できません。
反発したら相手に殴られます。
殴られても罪を負うのはウイグル人です。
とんでもない罪で刑務所に入れられるのです。

中国の警察はウイグル人を逮捕するとき、何の手続きも必要ありません。
好きなとき、家にきて連行できます。

「どうして私を連行するのか」と言ったら、すぐ殴られて、向こうで話す、と言われます。




http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/145/ へつづく



 

我々日本人はウイグルや
チベットをもっと支援すべきだ
という方はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
63
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]