忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/141/ のつづき

ウイグルの政治囚の死者250万人

それから私たちの地域で、教育させない政策が行われました。
農村で子供たちを教育したければ、遠いところに子供を行かせなければなりません。
遠いところに行ったら、学校の宿舎は只だけれども、食糧を持参しなければなりません。
そうなると子供は農業の手伝いはできません。そんなに大変だったら、自分の子供に教育を受けさせない、という形に自然になっちゃうんですね。

そういう知識がない人間が、昔も多いですが、その後もものすごく増えるようになりました。

その後、ウイグルの知識人たちを、いろんな理由で逮捕して、死ぬまで刑務所に入れる。あるいは思想的に問題があると重い罪をかぶせて、処刑してしまう。
殺されるだけならまだしも、家族がその後遺体を引き取りに行くと、銃弾2発使ったら、1発1元なので2元出せ、と言われ、2元払って遺体を持って帰るんです。

その後の文化大革命では、ウイグル地域の状況は中国と同じになりました。
ウイグルではウイグル人の罪が中国人より重くなったところがあります。
民族主義、汎トルコ主義などの罪で、たくさんの人を刑務所に入れて、できるだけこの民族を減らすために、中国共産党政府はがんばってきました。
ウイグル人もたくさんの子供を作ってがんばってきました。

それでも、刑務所で死亡した、あるいは刑務所から出て1カ月も経たないうちに死亡した、そういう人の数を計算すると、ウイグル地域では55年に新疆ウイグル自治区ができてから2000年までに、250万人の人々が死にました。
その中には、もちろん、突然行方不明になった人もいっぱいいるんです。




http://tibet.blog.shinobi.jp/Entry/143/ へ続く


 

我々日本人はウイグルや
チベットをもっと支援すべきだ
という方はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
63
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]