忍者ブログ
日本はチベットから多くのことを学ぶことができる。優れた精神文化や深い歴史からだけではなく、中国に支配された経緯と命がけの抵抗運動から、我々が多くのことを学ぶべきだ。チベットが自由になるということは、日本が自由になるということだ。――このサイトの趣旨にご賛同いただける方は、サイト内の文章をご自由にご利用ください
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





今回も統計の話。
まず、図の(a)を見て欲しい。

横軸が各都道府県の1世帯あたりの可処分所得である。これが大きい県ほど、裕福な家庭が多いということになる。縦軸は、各都道府県の中国人の人口比率である。これが大きいほど中国人の比率の高い県だということになる。この二つの間の相関係数は、有意水準1%で有意だった。これは、「裕福な家庭の多い県ほど中国人の人口比率が高い傾向がある」ことを意味している。

図(b)は韓国・朝鮮人についてのものだが、相関があるとはいえなかった。他に、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカについても調べたが、このような傾向が見られたのは中国人だけであった。


図(c)は、横軸が中国人の人口比率、縦軸が、人口百人あたりの窃盗犯の認知件数である。この二つの間にも有意水準1%で有意な相関が見られた。中国人の比率が高い県ほど、単位人口あたりの窃盗が多い傾向が見られる、ということである。

図(d)は韓国・朝鮮人についてのものだが、こちらはさらに強い相関が見られた。

北米、南米、ヨーロッパ、アフリカについても調べたところ、同様の傾向はあったが、特に相関係数が大きいのは、中国と、韓国・朝鮮だった。

統計の解釈は難しく、はっきりしたことは言えないけれども、興味深い結果だと思う。


今回使ったデータは次のページにある。
平成18年 窃盗犯認知件数
http://web.pref.hyogo.jp/contents/000099110.xls
平成19年 都道府県別 国籍 (出身地)別外国人登録者
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001031723
平成17年 各都道府県の人口
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001005118&cycode=0
平成11年 一世帯あたりの可処分所得
http://www.pref.okinawa.jp/toukeika/100/2004/05/in035_1.xls





 

1000万人移民政策は絶対に阻止するという方
中国に隷属しようとする政治家を落選させたい方
はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ 
 

PR

毒餃子事件は1年以上前から始まっているが、公になってから何度も日中協力して捜査を行うといっているが、なかなか結果が伝わってこない。
民主党の松原議員が衆議院外務委員会で長野聖火リレーでの中国人による暴行事件について質問したときも、警備局長は現在捜査をしているところ、と答えたきりで、これも、その捜査の結果についての情報が伝わってこない。
中国人留学生の掲示板で、善光寺の放火予告の書き込みがあり、その夜善光寺に落書きをされたが、犯人が日本人ならすぐに逮捕されるのに、この事件では逮捕者が出ていないし、捜査しているのかしていないのかについての情報さえない。

放っておけばそのうち日本人は忘れるとでも思っているのかもしれない。

長野で起きた「中国産あん、味見直後に菓子製造店の2従業員が嘔吐」のニュース、長野市保健所の調査では餡に異常はなく、調査は終了しているが、原因が分からないので長野県警は調査を続ける、というところまでしか情報がなく、これも、その後の続報がない。

現在は、事故米からさらに中国産乳製品関連の問題に焦点が移っていて、世界中にその被害が広がっている。


【国際】米国食品大手ハインツの乳児向けシリアル食品にもメラミン…香港
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1222507262/
【国際】マカオで販売されているロッテ「コアラのマーチ」から高濃度のメラミン検出
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1222387623/
【国際】英国菓子・飲料大手キャドバリー、メラミン混入の疑いでチョコレートを回収
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1222701727/
【国際】台湾「ピザハット」粉チーズ、基準値を超えるメラミン検出
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1222446500/
韓国で養殖魚の餌からメラミン 中国産が原料
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080920/kor0809201225005-n1.htm
【社会】日清食品 香港販売デザート回収「メラミン」混入疑いのある中国産牛乳を使用
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1221949649/
【国際】リプトン紅茶にもメラミン=香港
http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/gimpo/gimpo_bizplus_1222179652
中国製インスタントコーヒーにも「メラミン」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=105074&servcode=A00&sectcode=A00
【中台】植物性油脂からもメラミン検出、台湾が中国製乳製品を全面輸入禁止[09/22]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1222097689/
【オーストラリア/中国食品】ANZ食品基準局、中国製アメ任意回収要請
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1222345012/
ニュージーランド 中国産キャンディーに”許容できない”高レベルのメラミン検出
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/foodsafe/news/08092401.htm
【メラミン混入乳製品】中国製キャンディーから検出 シンガポールでも
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080922/asi0809220035000-n1.htm
メラミン禍:韓国で菓子から検出 中国産乳製品を輸入禁止
http://mainichi.jp/select/world/news/20080926k0000m030090000c.html
中国産牛乳・乳製品の輸入販売を全面禁止 シンガポール
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20080919D2M1904H19.html
【メラミン混入】ベトナムも輸入禁止 中国の22社の乳製品
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080925/asi0809251947001-n1.htm
マレーシアも輸入禁止 中国の乳製品など
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/180166/
インドネシアも輸入停止 中国産乳製品
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080924/chn0809241911003-n1.htm
メラミン禍:インドは中国製食品の輸入を全面禁止
http://mainichi.jp/select/world/news/20080926k0000m030121000c.html
中国産ミルクあめ、輸入禁止=タイ
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008092400967
【フィリピン】中国製乳製品の輸入・販売を全面禁止~メラミン汚染問題[09/23]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1222177001/l50
粉ミルクからメラミン検出=中国産の輸入を全面禁止-台湾
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080921X221.html?C=S
粉ミルク含む中国製食品、EUが禁輸へ
http://www.asahi.com/international/update/0925/TKY200809250345.html
【社会】「中国の食材は心配なので使わないで」丸大食品への苦情・質問3000件超す
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1222503232/
 


この問題はまだまだ拡大するだろうし、丸大食品以外にも、国内で流通させていた企業が出てくるのではないかと思う。

こういう状況を目の当たりにすると、中国製の餡に問題がないとは思いにくい。
いったいどの程度中国産の餡が使われているのか調べてみた。


平成19年に輸入された加糖餡は9万6千トンで、そのうち中国産は9万3千トン。
輸入された小豆は、3万トン弱で、そのうち中国産は2万6千トン。
国産の小豆の収穫量は6万6千トン。
国産・輸入あわせて我が国で消費される小豆は9.6万トン。

そして、小豆の8割強が餡に使用されているという。

小豆1からできる餡は約3なので、

9.6万トン×0.8×3=約23万トン 国産・輸入小豆から生産される餡(国産餡)
6.6万トン×0.8×3=約16万トン 国産小豆から生産される餡
2.6万トン×0.8×3=約 6万トン 中国産小豆から生産される餡

 23万トン+9.6万トン=33万トン 国内生産餡+輸入餡
9.3万トン+ 6 万トン=15万トン 中国産餡+中国輸入小豆生産餡


かなり大雑把な計算だが、国内での餡の消費量は33万トンで、そのうち小豆の段階から国産なのは、16万トン、中国小豆からつくった餡または中国産餡は、15万トン。その他の餡は少ないので、だいたい国産と中国産は半々と考えていいと思う。

よって、和菓子が好きな人はかなりの量の中国産を口にしている可能性がある。


別冊宝島の「知らずに食べるな!中国産」によると、

「あんこは加工度合いが高いので、原産地の表示義務はない。このため、メーカー側は法に触れていないのだから、正直な表示などする必要はないと考えているのだ。また国産小豆を少しだけ混ぜて『国産小豆使用』と銘打っている場合も多い」

とある。また、中国製の餡には人工甘味料が使用されていたり、衛生面での心配もあるという。
賞味期限が1年というのもまた恐ろしい。

消費者が自衛するには、国産小豆100%使用と書いている商品や、老舗の和菓子屋であっても、その店に直接確認するかサイトで、国産であることを確認するしかない。
和菓子屋も危機感をもっていて、真っ当な餡を使用している店のサイトには、国産を100%使用していると書かれていることが多いのでチェックしてみてください。

先日食べた加賀あんころはおいしかったが、念のためサイトを調べたら、国産の小豆、餅米からつくっているということだった。
http://www.ankoro.co.jp/motigome.html

企業はこういうことを全部オープンにしないと、結局大損すると思う。

健康被害が出ていない分野でまだまだ中国はやってくれているだろう。

 

 


 

和菓子に中国産の餡を使うなよ!
という方はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ




4000年の歴史を誇る中国。




21世紀の今日、世界の工場として、


 

中国の製品は世界を席巻し、


 

中国の製品なくしては


 

人類は生存できないほど、


 

大きく依存している。


 

そんな優れた中国製品には、


 

他国の商品と差別化するために、


 

中国製品であることが


 

一目でわかる



ロゴマークをつけてほしい。


 

そういう思いから、僭越ながら


 

ロゴマークを作ってみました。





 

中国と言えば、パンダです。




北京五輪のマスコットにもなりました。



 

パンダをモチーフにした



 

メイドインチャイナの




かわいい




ロゴマークです。







 


 

ぜひ、中国製品に

このロゴマークを

 

使ってほしいです。





でも、なぜかこのサイトは
 

中国からアクセスできない

そうなんだよね。

 

残念。



 

中国製品には
中国製品であることが
一目で分かるロゴマークが
必要だと思われる方は
クリックを
↓↓↓

 

人気ブログランキングへ 

 

今月号の「諸君!」の『怒れる大衆が権力中枢に襲いかかる日』(ジャーナリスト富坂聡)に、中国で大反響の小話が取り上げられていた。すぐに取り締まりの対象となるが、今も携帯のチェーンメールで出回っているという。とても面白いので紹介。


警官になってまだ1週間の“小五”は、1週間働いた自分へのご褒美として街に遊びに出かけた。
警察の制服を着た小五が最初に向かったのは映画館である。そこには中国でよく見かける長蛇の列。小五はため息をひとつ吐くと、列の最後尾に並んだ。すると、隣にいた市民から、「あんた、新人警官だろう?」と突然訊ねられたのだ。
小五は驚いて、「あんたはなぜ分かるんだ?」と訊ね返すと、その市民が答える。
「何言ってるんだ。警官のくせにわざわざ列に並ぶやつはいない」
小五は「なるほど」と納得して直接窓口に行った。そしてチケットを買おうと窓口をのぞきこんだ。するとそのとたん、チケットの売り子が唐突にこう訊ねてきた。
「あなた、新人警官でしょう?」
「なぜ、分かった?」と小五が問うと、「ちゃんとチケットを買う警官なんていないわよ」
言われるまま劇場のなかに入った小五は、1階に空席を見つけて座った。しかし、そこに座ろうとした瞬間に、またしても隣の人から、「あんた、新人警官だろう?」と訊ねられた。
小五はいよいよ奇妙になって、「そんなことを誰が言ったんだ」と語気を荒げた。すると隣の人は、「警官はみな上の席(VIP席)で見るもんだ」。
小五が教えられたとおり階段を上がると、そこにはすでにたくさんの警官がくつろいでいた。小五が席の一つに座っていると、今度は警官の一人が小五を振り返って言った。
「おまえ、新人警官だな?」
その警官はいい終わると、「警官ならこうやって座るんだ」と手足を翼のように広げてふんぞり返って見せた。小五も早速それを真似てみると、確かに気持ち良かった。
映画が半分終わったころ、小五はにわかに尿意をもよおした。そして急いでトイレに向かったのだった。ところがトイレに着くと、入り口で従業員の一人に呼び止められた。
「あんた、新人警官だろう?」
小五が「オレの顔にそんなこと書いてないだろう?」と言い返すと、その従業員は、「警官ならトイレにわざわざ来ることはない。上の階から下に向かってするんだよ」というのだ。
小五はしかたなく席に戻って、下の席に向かって小便をした。
すると今度は下の階から、
「上で小便をしているあんた。新人警官だろう?」
と言う声が聞こえてきた。
小五が訝しげに下を見ると、下の客は、
「警官なら下にいる者すべてに小便をひっかけるが、オレ一人の頭にだけするのは、あんたのような新人だけだ」と叫んだ。

この後、小五は売春婦のいるカラオケ店に向かった。
小五はこれ以上、警官としての面目を汚してなるものか、と娼婦への支払いも店への支払いもすることなく大きな身体を揺すって堂々と店を出ようとした。
そのとき再び小五に向かって店の店長が呼びかける。
「あんた、新人警官だろう?」
ついに頭にきた小五はその店長を首をつかむと、「おまえまでそんなことを言うのか。なんで新人だとわかるんだ?」と訊いた。
すると店長は言った。「警官なら、ただで遊ぶのは当たり前。遊んだ後には必ず“保護費”を請求するもんなんだよ」と答えたのだ。
小五は、「オレだって警官のはしくれだ!」と思い直し、「じゃあ、保護費をよこせ」と店長に向かって居丈高に命令した。しかし、店長はまたしても、「あんた、やっぱり新人警官だろう?」と訊き返した。そして言葉を失う小五に対して諭すようにこう続けた。
「警官なら自分で保護費を回収するなんてことはしない。われわれに持って来させるものだよ」
これを聞いた小五は、店長にコケにされたと思い、ここで警官としての威信を見せ付けなければならないと決心した。折りよく壁を一つ隔てた部屋から男女の怪しげな声が聞こえてくるではないか。
小五は早速、その声のする部屋の前に来て、足でドアを蹴り破った。そして中に入ると、「動くな。オレは警官だ!」と叫んだのだ。
ところが部屋のなかの男女は慌てるようすもない。それどころか、女は気だるそうにゆっくりと身体を起こすと、横目で小五を見ながらこう言ったのだ。
「あんた、新人警官でしょう?」
すると続いて男の方も続けてこう言う。
「そうだ。彼は新人警官だ」
小五は驚きながらも、
「お前たちは、なんでオレが新人警官だと知っているんだ?」
と訊き返した。
すると女が男を指差して言った。
「だって警官なら、自分の上司(局長)の顔ぐらい知っているでしょう?」
それを聞いた小五は、慌てて逃げ出したが、今度は店の出口で一人の男性とぶつかった。
小五が慌てて謝ると、その相手はニッコリと笑いながら、
「あんた、新人警官だろう?」
小五は自分がキレそうになるのを抑えながら、やっと「あんたにも分かるのか?」と訊き返した。
するとその人物は小五に言った。
「私はこの店のオーナーです。この土地に私と知り合いじゃない警官はいませんからね」
小五はこそこそと店を後にした。


ベテラン警官らしく振舞おうと決心した小五はある日、一軒のタバコ屋にやってきた。そして横柄な態度で店の主人に「おい、この『中華』(中国の高級ブランド)ツーカートンもらっていくぞ!」と言うが早いか、勝手に棚からひったくった。
しかし、その様子を見た店の主人は不思議なことに小五にこう訊いたのだ。
「あんた、新人警官だろう?」
小五はがっかりして、
「おまえ、何で分かるんだ?」
と聞き返した。すると店の主人は、
「警官ならみな表の棚に並んでいるのが偽タバコだって知っているからね。警官らしくしたけりゃ『おい、裏から本物を出してこい』って言わなくちゃ」
と答えたのだ。小五は言われるまま本物を持ってこさせると、それを持って店を出た。
「中華」を持って歩いていると、今度はにわかにこのタバコを売って小遣いにしようという考えが浮かんできた。
そして、すぐ近くにある別のタバコ屋に「中華」を持って入り、買い取りを迫ったのだった。
「店主、このツーカートンの『中華』を返品だ。買い戻せ」
「はい、ではいくら必要ですか?」
「うーん、ワンカートン千元(約1万6千円)でどうだ」
「はい、わかりました」
小五が金を受け取って帰ろうとしたとき、またしても店主が言った。
「あんた、新人警官だろう?」
そして、訝しがる小五に向かってこう続けた。
「警官なら売りにきた『中華』も黙って持って帰るもんだよ」



ソ連時代のアネクードも、大笑いさせられるものが多かったが、中国でも他にたくさんこの手の小話があるのだろう。読んでみたいものだ。

中国人にとっては、ここで描かれる横暴な本来の警官の姿が、実際の警官のイメージそのものなので、大いにうけているのだという。
実際、チベットやウイグルだけでなく、漢人の地域でも警察署が襲われる事件が相次いでいる。これから中国経済が下降局面を迎えたとき、民衆の不満はさらに巨大化し、反日を煽るだけでは、もはや抑えきれないかもしれない。そのとき、中国には台湾侵攻というカードしか残されていない可能性がある。

 
 

チベット問題は日本の問題でもあると思う方
中国に隷属しようとする政治家を落選させたい方
はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ

中国は、かつて日本が、アジアの国々を侵略し、文化を破壊し、言葉を奪い、残虐な方法で殺人、拷問、強姦を行い、人々を奴隷のように扱っていた、という宣伝をますます熱心に行っている。
また、中国は、そのような逆宣伝をチベットに対しても行っている。チベットの博物館では、かつてチベットでは、僧侶や貴族が、民衆を搾取し、奴隷を虐待し、残酷な刑罰を行っていたが、中国がそれを解放して文明を与えた、と、拷問を受けた人の写真、拷問道具や、蝋人形等を公開し、残虐性を視覚的に訴えている。

しかし日本軍が行ったとされる蛮行は、中国の歴史においては一般的なものであるが、日本人の発想にはないものが多々ある。実際に、中華人民共和国が建国されてから今日に至るまで、彼らがチベットで行ってきた残虐な行為の数々は、日本軍が行ったと喧伝されていることとそっくりである。

自分が泥棒だと指摘される前に、別の人間を大声で泥棒呼ばわりして、罪を着せようという浅ましい魂胆だったのだろうが、現在のところ、それは政治的に極めて有効に働いている。中国当局の積極的なロビー活動によって、西側各国の議会で、慰安婦決議が次々と採択され、戦後60年以上が経過しても、日本非難はいっこうに止まない。

歪曲された日本の慰安婦問題を、日本のマスコミも大きく取り上げてきた。しかし、日本に濡れ衣を着せることに必死な中国自身が、甘言によって騙した少女たちを慰安婦にしている事実は、まったく報じられることはなかった。

下の写真は「『慈悲を生きる』-ダライ・ラマ14世とチベット」というDVDの一コマである。
この女性は14才、日本でいうと中学2年生の頃に、甘言によって騙され、毎晩3,4人の中国軍士官に強姦され続けた、と言う。
 

中国軍の将校に慰安婦にされたと訴えるチベット人女性
 
中国軍士官の慰安婦にされたチベットの少女
 

中国軍は、若い女性たちに軍隊に入れば医学と看護婦の教育を施し、
両親には特別の報償を与えるという知らせを流した。
そのため1983年、私も軍隊に応募した。
当時まだ14才だった。

入隊した時「君の義務は上司の全ての希望を満足させることだ」と言われた。
その夜、数人の中国軍士官がやってきて、私の服を脱がせ始めた。

私は抵抗できなかった。
その後3人の中国軍士官に強姦された。

私のような女性が12人いた。
女性は毎晩3,4人の中国軍士官を相手にしなければならなかった。


1980年代に入り、中国は、民主的な方向に向かっているかのように見えたが、その時代にさえ、このようにチベット人の少女を強制的に慰安婦にしていた。民主化の流れに逆行した天安門事件以降、特に最近は第2の文化大革命と言う人がいるほどの状況にあり、今もなお、理不尽な方法で集められた少女たちが、中国軍の将校たちの慰み者にされているにちがいない。

今もなお中国で崇拝されている「建国の父」毛沢東自身が、70才を過ぎてもハーレムで12、3才の少女を妊娠させていたというから、中国の権力者にとっては、そういうことは当たり前のことなのだろう。

日本叩きのためではなく、本当に女性の人権を守りたいという志をもった方々は、21世紀になっても国家によって強制的に慰安婦にされている女性がいるかもしれない、という問題に、少しでも関心を向けてほしい。


参考

慈悲を生きる-ダライ・ラマ14世とチベット
http://tibet.turigane.com/compassion.html

妥協の積み重ねで『強制』の濡れ衣 慰安婦問題は根本から論じ直すべき
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2007/03/17/post_508/

慰安婦問題と水面下でつながる一連の120兆円もの対日企業訴訟を忘れるな
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2007/03/24/120/

慰安婦問題の意図的歪曲に沈黙は禁物 事実をもって反論する勇気が必要
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2007/07/07/post_520/

慰安婦決議、カナダやオランダも ~ やまない日本糾弾
国際問題評論家 古森 義久氏 2007年12月4日(とそこからのリンク)
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/63/

通州事件・南京事件・尼港(ニコウ)事件その他
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/tusyu_jiken_1.html

チベットの女性と子供の人権
http://tibet.turigane.com/tibetanrights.html

中国はいかにチベットを侵略したか
そして中国はいかに日本を侵略するか
http://tibet.turigane.com/tibetmurder.html


マスコミが報じない毛沢東の姿
http://www.melma.com/backnumber_45206_2310112/
http://www.downloaders.cn/2007/09/22154454.html
http://www.ch-sakura.jp/oldbbs/thread.html?id=208159&genre=sougou
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411043389
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012688225
 

チベット問題は日本の問題でもあると思う方
中国に隷属しようとする政治家を落選させたい方
はクリックを↓↓↓

 

人気ブログランキングへ


 

ランキング
参考になったという方は
クリックを!
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最古記事
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/17)
(04/19)
(04/21)
(04/25)
(04/26)
(05/03)
(05/06)
(05/12)
(05/13)
(05/25)
(06/06)
(06/16)
(06/18)
(06/19)
(06/26)
(06/26)
(06/28)
(06/29)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
カウンター
アクセス解析
プロフィール
ゼンジー東京
66
男性

千葉県在住
忍者ブログ [PR]